女性の薄毛は遺伝する?母親が薄毛で娘はハゲる?その関係と対策法

「薄毛は遺伝する」とよく言われていますが、男性はたしかにそうです。

男性は遺伝する確率が25%程度あり、4人に1人が遺伝する可能性があります。

しかし、女性は遺伝で薄くなることはほとんどありません。

遺伝によって引き起こされるのは、男性ホルモンが原因の薄毛。つまりAGA(男性型脱毛症)の場合のみです。

ただ女性でも、生え際から薄くなったりM字になるタイプの薄毛は、遺伝によるAGAの可能性があります。

他にも、ニキビが多い方や女性ホルモンの分泌が減少している人は、要注意かもしれません。

ニキビが多い人は要注意!遺伝するのは5αリダクターゼの分泌量

ニキビが多い人は要注意!遺伝するのは5αリダクターゼの分泌量。

ニキビができやすい人は、薄毛にもなりやすいと言われています。

その理由は5αリダクターゼの分泌量と関係しているから。

5αリダクターゼとは、ニキビの原因となっている「悪玉酵素」のことで、男性ホルモンと結合し、皮脂の分泌量を増やしたり、抜け毛因子を発信させたりする、最低最悪な酵素のこと。

この5αリダクターゼの分泌量が遺伝によって決まっているんです。

親がニキビの多い人だったのであれば、遺伝する可能性は高いと言えます。

ホルモンバランスが乱れると5αリダクターゼの影響を受けやすくなる恐れ

また、女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの影響を受けやすくなっている状態の場合も、5αリダクターゼの影響を受けてしまう可能性があります。

遺伝的要因の薄毛ならクスリで抜け毛をストップできる

現に、海外で5αリダクターゼを抑制する薬(スピロノラクトン)を投与したら女性の薄毛が改善されたという例もあります。

代表的なスピロノラクトンは、30年以上前から使用されている利尿剤ですが、抗男性ホルモン作用によって、 多毛症やニキビの改善への有効性が証明されており、この他にFAGAへの発毛効果も報告されています。

引用元:ヨコ美クリニック

薄毛の原因は「男性ホルモン」と言われているのですが、男性ホルモンが直接薄毛にさせるわけではなく、実は5αリダクターゼの分泌量が多いことが原因だったんですね。

男性ホルモンだけが薄毛の原因であるならば男性は全員ハゲてしまうということになりますもんね。

母親が薄毛だと娘(自分)に遺伝する?

その可能性は高いです。

ただ、母親が薄毛でない場合でも、母親のお父さん(おじいちゃん)が薄毛であった場合には、隔世遺伝で娘(自分)が薄毛になる確立が高くなることもあります。

誰から遺伝するかについては専門医が記事にしていたので、まずそちらをご紹介いたします。

人間は常染色体という誰でも持っている染色体とは別に、男性ならXY、女性ならXXという別々の染色体を持っています。これが、男女それぞれの性別を作り上げる遺伝子となります。

男性の場合X染色体は母親から、Y染色体は父親から受け継ぎます。一方で女性の場合はX染色体を両親からそれぞれ受け継ぎます。つまり男性が持つX染色体は母方の父と母、両方の遺伝情報を受け継いた染色体となるのです。女性はAGAを発症しないとされているため、母親の髪の状態だけでは薄毛の遺伝子を引き継いでいるかどうか判断できない場合もあります。しかし母方の祖父が薄毛であれば、母親を通じてその遺伝子を引き継いでいる可能性も十分に考えられます。

引用元:AGAタイムス|薄毛の遺伝子は誰から受け継がれるのか

上記は、AGAクリニックの医師が書いた文章なのですが、女性の場合「母親とそのお父さんも関係している」と言っています。

つまり、母親だけではなく、母親のお父さんも薄毛だった場合、「自分の薄毛は遺伝によるもの」と十分考えられるということなんですね。

遺伝の薄毛って治るの?治療法は?薬は?

残念ながら、遺伝による薄毛は止めることはできません。

「5αリダクターゼの分泌量が多い体質」が遺伝するので、体質を変えることは不可能であり、治療もできません。

遺伝子を変えるようなスゴイ薬はありませんが、5αリダクターゼが男性ホルモンと結合するのを阻止できる薬は存在します。

それはスピロノラクトンという薬。

スピロノラクトンとは?

引用元:gooヘルスケア

先程、「5αリダクターゼが男性ホルモンと結合することで、皮脂の分泌量を増やしたり脱毛因子を発信させ、抜け毛を増やす」とお伝えしました。

スピロノラクトンは、その5αリダクターゼと男性ホルモンの結合を防ぎ、抜け毛を抑制するという効果を持つんです。

5αリダクターゼを阻止すれば、抜け毛や細毛・軟毛化などを防ぐことができるということ。

スピロノラクトンはどこに売ってるの?薬局?

スピロノラクトンは医薬品のため、病院へ行き処方してもらうしか方法はありません。

元々は重度のニキビ治療薬だったのですが、一部の薄毛治療専門クリニックでは処方されるようになりました。

※近所の皮膚科で扱っているところはまずないと思います。専門クリニックでしか取り扱っていません。

<取扱のあるクリニック>

・東京ビューティークリニック

遺伝による薄毛って育毛剤は効くの?

遺伝による薄毛って育毛剤は効くの?

スピロノラクトンの役割は、5αリダクターゼと男性ホルモンの結合を防ぎ、抜け毛の伝達因子を発信させないこと。

つまり、育毛剤で5αリダクターゼの働きを抑制できれば、多少は進行を遅らせることが可能ということになります。

スピロノラクトンより、効果はガクッと落ちますが、育毛剤でのケアも可能です。

5αリダクターゼの働きを抑制させる成分は、挙げるとキリが無いくらいたくさんありますので、より多く配合している育毛剤をご紹介します。

マイナチュレ

遺伝が原因の女性の薄毛にマイナチュレ

マイナチュレに含まれる、5αリダクターゼ抑制作用成分の数は業界でもトップクラス。

以下の10種類が配合されています。

  • ヒキオコシエキス(1)
  • ヒオウギ抽出液
  • オウゴンエキス
  • ジオウエキス
  • シナノキエキス
  • ゴボウエキス
  • セイヨウキズタエキス
  • ボタンエキス
  • ローマカミツレエキス
  • ビワ葉エキス

マイナチュレは抜け毛予防には最適な育毛剤といえるでしょう。

初回980円と、かなりお買い得なとこもgood!

マイナチュレ公式ページ

リジュン

遺伝が原因の女性の薄毛用育毛剤リジュン

リジュンは今年の夏ごろに発売された、新しい育毛エッセンスです。

リジュンには、以下の6種類の5αリダクターゼ抑制作用成分が配合されています。

  • オウゴン根エキス
  • チョウジエキス
  • ゴボウ根エキス
  • ボタンエキス
  • セイヨウキズタ葉茎エキス
  • ローマカミツレ花エキス

リジュンは、今までの育毛剤には配合されていなかった「リンゴ果実細胞エキス」や「フルボ酸」など、いろんな新成分を配合していて最近話題になっている育毛エッセンスです。

女性用育毛剤「リジュン」の中身!効果の秘密は成分量の多さ?
2017年夏に販売開始された女性用育毛剤リジュン。 育毛剤の中ではまだまだ歴史が浅いほ...

まとめ

  • 女性が遺伝で薄毛になることはまず無い。
  • 遺伝的要因の薄毛の場合、M字や生え際の後退が起こる。
  • 治療薬は専門クリニックでしか手に入らないスピロノラクトンのみ。
  • 育毛剤には5αリダクターゼを抑制する成分が入ったものもあるが期待はできない。

ただ、女性の薄毛は遺伝だけとは限りません。

ほとんどの場合、生活習慣や環境など様々なことが原因となります。

ただ、どんな薄毛でも5αリダクターゼが原因の一つであることは間違いないです。

「私は関係ないかも…」と放置すれば進行する可能性は大いに考えられます。

クリニックへ行ってスピロノラクトンをもらうのが一番いい方法です。

薄毛は進行が早いので、クリニックへはお早めに。