女性用育毛剤ふわりナノエッグはいい育毛剤?調査してみました

うちのサイト内でたまに検索されている「ふわり ナノエッグ」。

なんのっこちゃ?と思って調べて見ると、育毛剤でした。

調べたついでだし、ちょっと書いてみようと思ったわけです。

ではでは、サクッといきましょ。

※この記事は30秒程度で読めます。

スポンサーリンク

ふわりナノエッグの特徴

  • 聖マリアンナ医科大学とパートナーシップを組んでいる会社
  • 珍しい「泡」の育毛剤
  • ナノカプセル化技術を応用した独自成分「GK2egg」
  • 独自の浸透技術?

聖マリアンナ医科大学とのパートナーシップについては

「育毛剤」とは全く関係無いので、置いといて…

それ以外を見ていきましょう!

珍しい「泡タイプ」の育毛剤。何の意味があるの?

頭皮に吸着して、液垂れしにくいみたいです。

液垂れしないっていうのは良さげですね!

ただ、浸透性がUPとか、毛乳頭まで届くとかそんなことは一切ありません。

毛乳頭は毛穴の内部、真皮層なので、育毛剤の液体が届いちゃダメです。

届いてしまうのは、「医薬品」扱いになります。

泡はいらないですね~

ナノカプセル化技術を応用した独自成分「GK2egg」

ほんと育毛剤の成分って「ナノ」が好きですよね~~ベルタとかベルタとかベルタとか。

ベルタって嫌いなんですけど、妊娠中に読んだたまひよとかに、めちゃくちゃ商品紹介されててイラッときました☆

で、ナノ化についてなんですが、いくらナノ化しても届くのは角質層までです。

毛根や、最近になってわかった「欠落すると薄毛になる毛包幹細胞」があるバルジ領域は、角質層の更に奥の真皮層に存在します。

↓参考

引用元:https://www.demi.nicca.co.jp/salonsupport/images/beauty/2011.gif

液体の浸透が毛根部分にまで達しないと意味が無いので、

ナノ化にする必要性がありません。

先程もお伝えしましたが、そもそも真皮層にまで浸透させるものは医薬品が該当します。化粧品レベルでは不可能です。

どうしても真皮層に届かせたいのであれば、注射しなければなりません。

それは医療行為にあたりますので育毛剤では不可能なんですね。

で、もう一点謎な部分があって、ナノエッグがやろうとしていたGK2eggというものですが、グリチルリチン酸ジカリウムをナノ化して、浸透させようとしていたみたいなんです。

グリチルリチン酸って、ニキビ化粧水とか、タクトローションとかに配合されている炎症を抑える作用のある成分で、抜け毛、発毛促進にはそこまで関係ありません。

グリチルリチン酸の目的は毛穴の炎症を抑え、頭皮環境を良くすること。

頭皮環境を良くすれば、発毛環境が整うので、間接的には育毛作用にはありますが、ナノ化する必要が無いんです。

医薬品である、ムヒやタクトホワイトローションに配合されているグリチルリチン酸はナノ化していません。

つまり、ナノ化しなくてもきちんと経皮吸収されるということ。

あたかも、超浸透して、超効果がありそうな書き方しますが、全くそんなことは無く不要ナノです。

まあ…

ふわりナノエッグは世にも微妙な育毛剤

有効成分はきちん3種類配合されているので、普通の育毛剤です。

ふわりナノエッグは、ナノ化がどうとか泡がどうとか、不要なことばかりする微妙な育毛剤でした。。。

ふわりナノエッグの全成分

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム・塩酸ジフェンヒドラミン・センブリ抽出リキッド
その他の成分:濃グリセリン・ポリオキシエチレンオクチルドデシルエーテル・植物性スクワラン・フェノキシエタノール・ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油・塩化マグネシウム・炭酸水素ナトリウム・1,2-ヘキサンジオール・1,3-ブチレングリコール・エタノール・クエン酸・クエン酸ナトリウム・精製水

薄毛を克服した方法まとめています
2012年から2019年までの経過写真と改善法をまとめています。なかなか薄毛が治らない女性の参考になれば嬉しく思います。
スポンサーリンク
育毛剤
スポンサーリンク
つむじ研究女【公式ブログ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました