ミノタブは冷え性にもGood!発毛するし良いこと尽くめ?眼瞼下垂の人は治療すれば薄毛が治るかも?

この記事は約6分で読めます。

読売新聞の記事で、

・男性用脱毛抑制薬の使用
・女性のスピロノラクトン、ミノキシジルタブレットの使用について
・眼瞼下垂解消で薄毛が改善

という記事。

日本皮膚科学会が作った、「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017」とは全く違うことを言ってたので、ちょっとまとめ。

https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

↑ 個人的には全く信用していない。学会のくせにエビデンスも無いLEDを勧めてくる点が不可解すぎる。絶対お金が絡んでいると見てる。

プロペシアやフィナステリドは、海外では女性に使うこともある

男性の治療同様に、抜け毛促進ホルモンの「ジヒドロテストステロン」を作る還元酵素だけをブロックしてくれる「フィナステリド」のような内服薬を女性に使うこともあります。特に、海外では閉経後の女性に使用されることがあるようですが、日本ではあまり一般的ではありません。

日本では一般的ではないため、よくある育毛ブログでは「さわっちゃだめ!」とまで言われています。

以前クリニックに行ったとき、「フィナステリドが使用されないのは、使用してる医者がいないし、何が起こるのか未だにわからないからなんだよ」と言われました。

フィナステリドは、ホルモンに作用する薬で、ホルモンバランスが崩れる危険性があります。

妊活女性が服用すると、奇形児が生まれる恐れもあると言われ、

外国人と日本人では体質が違うので、飲ませて何か起きた時に損害賠償請求されないためでもあると思います。

今後も、日本で臨床試験をしないことには、女性の使用は禁止され続けるでしょうね。

スピロノラクトンは海外でも一般的に使用されている

フィナステリドとは、作用するメカニズムはちょっと違うのですが、スピロノラクトンも同じ抗男性ホルモン薬です。

日本で唯一女性のAGA(FAGA)に使用されている薬ですが、まだまだ浸透はしていません。

理由は、皮膚科学会が承認していないことと、エビデンス(効果があったという確かな証拠)がないから。

あとは、副作用ですね。

実は私も過去に飲んでいたことがあったのですが(個人輸入で)、ものすごい便秘とダルさから使用を中止しました。

どれくらい飲んでいいかもわからなくて、適当な分量を飲んでいたということもありますけど笑い

個人輸入していたので、何か混ぜものがあったのかもしれません。

ひどい便秘だったので、病院で言ったらそんなもの飲んじゃダメだよって怒られました😅

そのこともあったし、ロゲイン抜け毛倍増事件もあったので、個人輸入はヤバイって思ったんです。

服用可能な量って血液検査とかしない限り、わからないんですよね。だから、薬を使う際は医者の診断が必要なんです。

脱線しすぎですね。

ミノキシジルの内服は大事だと名言

ミノキシジルの内服が大切なのは男性と一緒。毛根周囲の血流低下を効率よく改善できることで、頭皮がやせてしまったり、劣化したりすることを予防してくれます。

これは初耳でした。

頭皮の状態を保ってくれるんですね。

ミノキシジルの内服では、ごくごく少数の男性に見られる、顔のほてり、むくみ、腫れなどの症状は、女性の場合はほとんど認められません。むしろ、血流が良くなり、「冷えが改善した」「指先が温かくなった」など、ポジティブな報告を受けることの方が多いです。

ミノタブを女性が服用しても、副作用はほとんど無いとのこと。

冷え性解消するなら良さそうですね。

確かに、ミノキシジルの作用は血管を増やすことなので、毛細血管が増え指先にもたくさん通って冷え性が改善されるんでしょう。

ミノタブとスピロノラクトンの服用3ヶ月で改善

東京都在住の20代女性は薄毛の急な進行に悩み、私のクリニックを受診されました。外来でのカウンセリングを経て、2つの内服薬による治療を開始しました。

3か月ぐらいで、明らかに頭髪が増え、しかも、「髪の毛のハリとコシが復活した」と美容院で言われたと、とても喜んでいました。この患者さんは、頬の産毛が少し増えたため、脱毛レーザー治療も行いました。

眼瞼がんけん下垂症を改善すると薄毛が治る

これはちょっとびっくりしました。

大阪府在住の60代の女性が、クリニックに来院しました。長年、薄毛に悩んで、それまでにも様々な治療法を試されたそうですが、十分な効果が得られなかったとのことでした。診察で拝見すると、とてもおでこに力を入れて、いつも緊張されている「 眼瞼がんけん 下垂症」であることは明らかでした。

当時はまだ、薬剤による治療を行っていませんでしたので、まずは眼瞼下垂症手術を行いました。その結果、頭痛、肩こり、冷え性などの眼瞼下垂症の様々な症状が取れ、さらに髪の毛もハリとコシが復活し、大変喜んでいました。その後、しばらく受診されていなかったのですが、昨年、再び外来にやってきて、「さらに髪の毛を復活させたい」ということでした。

今度は、内服薬による治療を開始したところ、半年後には、さらに髪の毛が増え、別人のように若々しいファッションに変身していたので、とても驚かされました。

「がんけんかすい」とは

眼瞼下垂とは、上まぶたが垂れ下がった状態を言い、先天性と後天性に分けることができます。

先天性はまぶたを引っ張り上げる筋肉(眼瞼挙筋)が生まれつき発育異常のものです。後天性のものは、まぶたを引っ張り上げる腱膜に異常がある腱膜性、重症筋無力症など筋肉自体に異常がある筋原性、動眼神経麻痺など筋肉を支配する神経に異常がある神経原性

上まぶたが垂れ下がってくる病気なんですが、それを治すだけで薄毛が治ったということらしいんです。

頭痛がするということなんで、おそらくこの方は頭部への血行が異常に悪く、血流不足が原因で薄毛になってしまったのかもしれません。

ただ、これはかなり稀なケースだと思います。

遺伝性のFAGAではなく、自らの癖が招いた薄毛です。

なので、そのクセをなくせば治るんですよね。

FAGAはそうはいきません。

上目遣いばっかしてる方はひょっとして眼瞼下垂かも!?

上記の写真か、もしくは眼瞼下垂で画像検索してもらって、

ご自分と似ているのなら、皮膚科に行ってみるといいかもしれません。

また、ニュースがあれば記事にまとめてみますね☆

※タナカクリニック院長先生のインタビュー記事を簡単にまとめました。

引用元記事:https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200115-OYTET50005/

クリニカタナカクリニックは、AGAスキンクリニック(旧東京ビューティークリニック)の一つで、東京ビューティークリニック独自のお薬、リバースレディ(ミノタブ&スピロノラクトンセット)を処方しているクリニック。

コメント

タイトルとURLをコピーしました