美ルルスキンチェッカーで顔も頭皮も手軽に計測!皮脂量・水分量をセルフ管理!

自分のお肌や頭皮のこと、ちゃんと知りたくないですか?

思い込みで間違ったお手入れしていると余計にトラブルを悪化させちゃうかもしれないんです!

季節の変わり目、自分は乾燥肌と思っていたのに


「何となく頭皮のベタつきが出てきた…」
「うーん、これはシャンプーを変えるべきかな?どうしよう?!」

と、迷っていたのが、私がスキンチェッカーを手にするキッカケでした。

「まずは自分の頭皮がどんな状態なのか知ろう!」

それによって、細かいケアが出来るようになれば頭皮トラブルに悩まされることも少なくなるかもしれない…!

このページでは私がなぜこの「美ルルスキンチェッカー」を選んだのか、これを使うことによってどんな変化があったかを報告していきます!

そもそもスキンチェッカーって何?どんなものがあるの?

スキンチェッカーとは「皮膚の状態を数値などで可視化してくれるアイテム」の事です。

最近ではスマホのカメラに装着して肌の表面を撮影・分析してくれるものなどもあるみたいですが、今回私が知りたいのは「自分の皮膚(特に頭皮)が乾燥肌なのかオイリー肌なのかどうか?」ということ。

なのでカメラタイプではなく、肌に直接当てて水分量・油分量を測定出来る”BIA”タイプのものを選びました。

BIA(生体電気インピーダンス法)って?

体内に微弱な電流を流した際のインピーダンス値(抵抗値)を基に、水分・油分などの割合を分析する方法です。

「血液や筋肉などは電流を通しやすく、逆に脂肪や骨は電流を通しにくい」という特徴を利用しています。

体脂肪率や筋肉量を測ることが出来る体重計などは、このBIAを応用して計測しています。

※微量ですが体に電気を流すので、ペースメーカーを付けている方は使用出来ません!

BIAタイプスキンチェッカー徹底比較!

AMAZONでの売れ行き上位のものを4つ、比較してみました。

商品名美ルルAstaryeフェステPinkiou
製造国中国(企画:日本)中国中国(企画:日本)記載ナシ(多分中国)
価格(AMAZON)2,980円2,299円1,501円1,899円
計測種類水分(%)・油分(%)・柔らかさ(5段階)水分(%)・油分(%)・柔らかさ(5段階)水分(%)・油分(5段階)・柔らかさ(5段階)水分(%)・油分(%)・総合(5段階?)
バックライト緑・赤緑・赤なし赤・緑・黃
記録機能10回分15回分5回分3回分
電池の種類
(付属の有無)
付属有・単4×2付属有・単4×2付属有・ボタン電池(LR-44)付属不明・単4×2
口コミ116件・平均4.418件・平均4.470件・平均3.87件・平均3.4
備考説明書がしっかりしてる説明書におかしな日本語説明書がしっかりしてる説明書におかしな日本語
詳細ページAMAZONAMAZONAMAZONAMAZON

比較ポイント【価格】

一番下は1500円~一番高くても3000円程度。

十分に手が届く範囲。

安いに越したことは無いけどあんまり変なもの掴まされても困るので、どこで作られたかも調べてみました。

比較ポイント【製造国】

美ルルスキンチェッカーに関しては、「日本製」とのレビューが多かったのですが、AMAZONのカスタマーQ&Aにおいて出品者(綺麗堂)が「中国製です」と答えていました。

そういうわけで製造国はどれも中国!

まぁそんなに高いものでもないし当たり前だと思います。別に良いんです中国製でも!ちゃんとした製品を作ってさえくれていれば!

比較ポイント【説明書】

いくら中国製といえども、使い方がわかりにくいのはダメ。

「説明書にところどころおかしな表現がある」というのは少し問題だと思うんです。なのでこの時点でAstaryeとPinkiouは私の選択肢から外れました。

あとは美ルルとフェステの戦い!

美ルル vs フェステ

測定結果の良し悪しによってバックライトの色が変わるという点と、使用電池が我が家にストックの多い単4電池使用の美ルルが魅力的。

そして一番の決め手になったのはAMAZONの口コミの多さと評価の高さですね、やっぱり!

服とかは他人と被るの嫌ですが、こういうものについては沢山の人が使っているものの方が信用がおけるもんです。

実際にAMAZONに書かれていたレビューを一部抜粋します。

子供が乾燥肌のため皮膚科で毎回水分量をチェックされていて、自宅でも確認したくて購入。

先生からは1万ぐらい?と言われてたので価格に満足しています。

病院で測ってもらった数値と変わらない結果だったので、信頼性もあると思います。

前回他社中国製のスキンチェッカーを購入。洗顔前、洗顔後の保湿後もほとんど数値が変わらず。疑問に思いこちらの商品がが日本製という事で購入し比べてみました。

すると保湿前、保湿後も明らかに数値が変わり、また時間が経って測定した時も微妙な水分、油分の数値の変化が見られました。

化粧品コーナーで業務用で測っていただいた時の数値とも大体一致していました。精度が高いと思います!コスパも良く購入して良かったです。

早速、測定したところ、水分量と油分量共に、コスメカウンターとほぼ同様の数値が出ました。思ってた以上に信用できそうなので、これからのスキンケアでどう変化していくか楽しみです。

プロの機械とほぼ同じクオリティ”のアイテムが3000円で手に入るのは嬉しいですよね!

てことで、美ルルに決定しました!

実際に計測して頭皮の状態の変化を観察

計測ルール

  • なるべく地肌にコンディショニング剤が着かないように洗髪する
  • ドライヤーで8割程度髪を乾かし、頭皮が落ち着いてくるであろう60分後に計測
  • おでこ部分は1回、つむじ(頭皮)部分は同じ場所を3回計測し、平均値を出す
  • 数値によって、当日・翌日のケアを変える

とりあえず1週間、毎日測ってケアしてみました!

1日目


<おでこ水分35・油分38 つむじ水分34・油分38>

油分がおでこ・つむじ共に35%超えでちょっと過多気味な感じです。逆に水分は34%と最低ラインギリギリ…
明日(メディクイックシャンプー)にして、頭皮のバランスを整えてみたいと思います。。

2日目


<おでこ水分44・油分25 つむじ水分43・油分26>

シャンプーをメディクイックシャンプーにしてみたところ、おでこ・つむじ両方とも油分の率が下がりました!
水分量は特になにもしていないのですがなぜかアップ。ん?もしかして今日の計測値、めっちゃ理想の数字なんじゃない…?

3日目


<おでこ水分46・油分23 つむじ水分36・油分33>

シャンプーはいつも使っている(エッセンシャル)に戻してみたのですが数値も1日目とほぼ同じに戻ってしまいました。
う~ん、しかもなんだか乾燥してるときの痒さの用な感じが頭皮にあります。
もしやこれはインナードライというやつか?化粧水を少し頭皮に塗ってから就寝することにします。

4日目


<おでこ水分47・油分21 つむじ水分45・油分22>
化粧水が良かったのかも?!いい状態に戻ってきました。今日も化粧水を塗って就寝してみます。

5日目


<おでこ水分46・油分22 つむじ水分47・油分20>
昨日より2%だけですがさらにつむじの水分量がアップ!

6日目


<おでこ水分45・油分24 つむじ水分47・油分21>
いい状態をキープできています。

7日目


<おでこ水分47・油分21 つむじ水分51・油分16>
最終日、結局のところ水分量は51%までキープすることが出来ました。油分は一番下のラインギリギリではありますが許容範囲でしょう!

毎日測りながらケアした結果

美ルルスキンチェッカーを使って自分の頭皮の状態を明確に数値化したおかげで、化粧水を塗ってみるなど適切なケアが出来たと思います!

これからもこまめに測って、良い頭皮環境の維持に役立てたいな!

関連:ベタベタ・フケフケ。オイリー頭皮・ドライ頭皮の対策法をまとめました

コメント