FAGAとは?原因や治療法を解説

FAGA女性男性型脱毛症)は、主に40代以降の更年期の女性に多い脱毛症でした。

ところが最近では10代・20代の若い女性にも増えています。

早い子だと、中学生から症状が現れることもあります。

初期段階で気づくのが難しい脱毛症なので、『最近ボリューム減った…?』と思った時にはすでに進行しているかもしれません。

今回は、FAGAの原因や治療方法についてご紹介します。

FAGA(女性男性型脱毛症)の特徴

  • 髪の毛1本1本が細くなる
  • 全体のボリュームが少なくなる
  • 分け目から地肌が透けて見えるようになる
  • 生え際から薄くなる(M字)

びまん性に薄くなるのが大きな特徴で、男性のように無毛状態にはなりません。

他の脱毛症と違うのは、側頭部や後頭部は薄くならないこと。

側頭部や後頭部も含め、全体的に薄い方は休止期脱毛症か病的なものが考えられます。

関連女性に多い休止期脱毛症とは?

FAGAの3種類の症状

女性のAGA ルードウィッグ型、クリスマスツリー型、ハミルトン型

ルートウィッグ型
生え際の後退はなく、ヘアラインは保たれているものの、頭頂部から後頭部の範囲がびまん性に薄くなっていくタイプ

クリスマスツリー型
生え際から頭頂部の真ん中が、クリスマスツリー状に左右に枝を広げるごとく薄くなっていくタイプ。(別名オルセン型)

ハミルトン型
男性のAGAと同じく、生え際にそりこみが入ったタイプ。M字型の薄毛

参考元ヨコ美クリニック

女性の『FAGA』と男性の『AGA』との違い

違いは、脱毛のスピードです。

薄毛のタイプは男性とほぼ変わらず、てっぺん、つむじ、生え際から薄くなります。

女性の場合はゆっくり全体的に薄くなるのですが、男性の場合、一気にそこだけが集中的に薄くなります。

男性の場合だと、20代で生え際からてっぺんまで全部無い状態もありえます。

でも、女性の20代でそこまで薄くなることはまずありません。

FAGAの原因はホルモン

FAGAの直接的な原因は、男性ホルモンです。

女性ホルモンには、髪の毛を増やす・育成するという働きがあります。

一方男性ホルモンには、髪の成長を阻止し・短いまま脱毛させるという働きがあります。

薄毛になるのは、女性ホルモンでせっかく育てた髪の毛を、男性ホルモンによって抜けるように指示されてしまうんですね。

男性ホルモンが影響してしまう原因

それが、よく言われる女性ホルモンの減少というもの。

「女性ホルモンが減るだけで、なんで男性ホルモンが原因になるの?」

実は、女性でも男性ホルモンと女性ホルモンの両方持っています。

なので男性ホルモンの量はそのままなのに、女性ホルモンだけが減ってしまうと、相対的に言えば男性ホルモンの量が多くなります

比率がおかしくなると、今まで女性ホルモンのおかげでスクスク育っていた髪の毛が、男性ホルモンに脅かされ、抜けてしまうのです。

40代以降に薄毛女性が増えるのは、女性ホルモンが徐々に減少してしまうからなんですね。

FAGAの治療法

FAGAの治療法は2種類。

  • 薬を使用し、ずっと食い止めるか。
  • 薬は使用せず、自宅ケア等で自己回復力を高めるか。

薬の場合

薬でFAGAを治すことはできません。薬は進行を止めるだけなので、使用をやめれば元に戻ります。つまり一生ものということ。

FAGAの進行を止めるために、スピロノラクトンという男性ホルモンの働きを抑える薬を服用します。

現段階では、それ以外の治療法は見つかっていません。

抑制』はスピロノラクトン

そして、一度薄くなってしまった髪を『発毛』させるのはミノキシジルタブレットです。

リアップリジェンヌでお馴染みの発毛成分「ミノキシジル」ですが、実は液体を頭皮に塗布程度では吸収率が悪いので改善率も極めて低いんです。

※吸収率の悪さについては、リアップの製造販売元である、大正製薬が発表しています。

そんな吸収率の悪いリアップリジェンヌを塗るより、ミノキシジルタブレットを服用したほうがその効果は250倍と、かなり高くなります。

もちろん、その分副作用も250倍高くなるので注意してくださいね。

まあでも、副作用については医師がきちんと検査し、飲んでもいいかどうか判断してくれるので通院して処方してもらう分には問題無いでしょう。

医薬品の使用ができない方

  • 肝臓が悪かったり、循環器系に疾患や、低血圧の方は薬は使用できません。
  • 10代の子(20歳未満は使用できません)
  • 妊娠を考えている女性。妊娠前~出産後の2年ほどは使用しないほうがいいです。妊娠前まで使用していた場合、その後元に戻ってしまうからです。

10代でFAGAを発症してしまった場合は、20歳までは自宅ケアで回復させましょう。

FAGAの進行を止めるなら病院へ

FAGAは、ストレス社会のせいなのか最近非常に増えてきています。

電車に乗ると、薄毛な私は女性の頭をつい見ちゃうのですが、この子薄毛っぽい…女子高生なのに…という子を何人も見つけてしまいます。

本人は気にしていない様子ですが、このまま放置して20代になったら私みたいにきっと悩むんだろうなぁと…思ったりします。

高校生に限らず、薄くなったかな?と少しでも思ったらすぐに医師に相談するのがベストです。

私みたいに手遅れになってから自宅ケアでやろうとすると、何年もかかるし、その間のストレスは半端なものじゃなかったです…。

気づいたときが、薄毛ケアの始め時です。早すぎるなんてことはないので、気になったら病院へ

女性の薄毛治療クリニックの選び方。失敗しないための5つの条件
薄毛専門クリニックって、高額ローンを組まされる・高いわりに回復しないんでしょ?などマイナスなイメージ持っていません?でも大丈夫。場所によっては学割など安く治療を行うことができるんです。その選び方をまとめました。

コメント

  1. […] 男性のような脱毛。女性男性型脱毛症とは […]

  2. […] → 女性男性型脱毛症とは?原因とその対策 […]

  3. […] ▼女性男性型脱毛症については、こちらをご覧ください。 男性のような脱毛。女性男性型脱毛症とは […]

タイトルとURLをコピーしました