つむじや後頭部が割れた時どう直す?女性のつむじ割れを隠すコツをご紹介!

つむじって、どんなだけブラッシングしても割れますよね。

寝癖直ししても直らないし…。ドライヤーをやればやるほど髪が焦げ臭くなっていく…。

つむじがなぜ割れるのか?また、手軽にできる対処法もしらべてみました。

つむじ割れとは?

引用【写真付】女性の薄いつむじの隠し方大公開!つむじはげも分け目も完璧に隠せます!

つむじがパックリ2つに分かれてしまって、地肌が丸見えになることを「つむじ割れ」といいます。

早くて高校生の10代から。遅くても30代後半から悩む方が多いようです。

30代後半にもなると、地肌が弱り始める頃。髪も元気がなくなりハリが出ず、割れやすくなります。

つむじから後頭部にかけて、かなりの長さで割れる方もいれば、2cm程度の寝癖のような方もいらっしゃいます。

男性の場合は、薄毛の兆候として多いので、放置するのはかなり危険。AGAはつむじからくると言われていますので、なるべく早めにお医者さんへかかりましょう。

つむじ割れの直し方

つむじは髪の毛のクセが一番強い場所。ワックスやスタイリングフォームでは言うことを聞いてはくれません。

つむじ割れを直すには「水で濡らして乾かす」しか方法はありません。

でも、髪の毛を全部濡らす必要はありません。

つむじの周りを濡らして乾かしていくだけです。また、ちょっとしたコツで、ふわっと立ち上がりのあるつむじにすることが出来ますよ。

1.つむじ付近を地肌からしっかり濡らす

根本からしっかり濡らします。

霧吹きスプレーなどでもOKですが、少し濡らす程度では意味がありません。かなりベタベタに濡らしてください。

周りの髪も根本から丁寧に濡らします。シャワーなどで濡らしたほうが早い場合もあります。

2.頭皮をシャンプーするように手でこすりながら乾かす

乾き始めたら、髪を根本から立ち上げるように乾かしていきます。

3.つむじの下側からドライヤーをあてる

つむじの下側から指を入れて、下から指の腹で頭をこするようにブローします。するとふんわりとボリュームがでます。

4.クシで整える。

髪の根本がふわっと立ち上がってくるので、髪をクシでとかして整えます。

▼文章だと分かりにくいと思いますので、参考にした動画も載せておきますね。

クセが強いと、またすぐ戻るかもしれませんので、お出かけの際は、スプレーなどで固めるといいですね。

つむじ割れを防ぐ方法と注意点

①入浴後は5分以内に乾かす

髪の毛は、乾く時にクセが付きやすいので、濡れた髪のまま放置してしまうと、つむじ割れは一層酷くなってしまいます。

Point!

お風呂から上がったら、なるべく早く乾かす習慣をつけましょう。

②乾かす時は分け目に逆らってかきあげるように乾かす

右側に分け目ができてしまう人は、左から右に向かってドライヤーの風を当てて乾かしていきます。

癖のある髪の毛を根本から倒すように、分け目部分の地肌からかきあげて乾かします。

Point!

ある程度乾いたら、髪を上方向にひっぱりながら乾かすと、根元が立ち上がりボリュームを出すことができるので、つむじが目立ちづらくなります。

③ゴムで縛るのはやめましょう

濡れた状態でゴムで縛るのは変なクセがつく原因になります。

つむじ割れを防ぎたいのなら、乾いた髪を小さなクリップで止めると良いですよ。

そもそも、つむじ割れが出来る原因とは?

塗れた髪を自然乾燥させてしまっているというのも原因の一つ。

でも一番の原因は、コシの無い髪の毛になってしまったことにあります。

つまり薄毛が始まっているということ。

毛が弱々しくなると、硬さ(ハリ)がなくなり、しおれた花のような状態になってしまいます。しおれた花は柔らかくなるので、癖が非常につきやすいのです。

もうひとつ、毛の本数が減ったというのもあります。

一つの毛穴につき生えている髪の毛の平均本数は3本~4本。

それぞれが支え合ってつむじの膨らみを維持していたのに対し、つむじ割れが気になりだした方だと…1本程度しかないことが多いです。

本数が減れば、つむじ周辺の地肌が目立ちやすくなるので、つむじ割れと勘違いするケースもあります。

髪の毛の弱体化は、30代後半にもなれば誰にでも起きます。

毛を太くすることは可能ですが、髪の毛の本数を増やすのは何年もかかります。(体験済み)

関連:女性の薄毛を改善した20代女。7年の経過と共に克服法をご紹介

今のうちにケアして太さを保っておくのが、今後もつむじ割れを防ぐコツになります。

関連:【写真で比較】コレってつむじの薄毛?女性のつむじが薄い原因や改善法をご紹介

まとめ

つむじ割れはドライヤーと水で簡単に直せます。ちょっとコツがいりますが、慣れればどうってことないです。

頭皮ケアも同時にやれば、ハリコシを保つことだって可能です。